携帯変換が完了しました。
携帯からアクセスするにはこちらのQRコード、またはURLを携帯端末へメールでお送り下さい。
携帯にメールを送信する

意味産出の現場としてのBBSやブログ
2007年2月7日

高島康司

1)生産者と消費者の相互互換性

インターネットの普及にともない、旧来から存在していた生産者と消費者の区別が喪失し、多くの個人が同時に生産者でもあり消費者でもある社会が出現しつつある。わたしたちはこの社会をやっと実感したばかりだが、生産者と消費者の相互変換が社会にもたらす影響を目にして驚いている。

活況を呈しているオークションでは、まさに個人が商品を売り買いし利益を上げているし、昨年の9/11選挙では小泉の地滑り的勝利にブログが果たした役割は巨大だ。

ここでは個人は、生産者が提示する製品を自分の好みで選ぶだけの存在ではないし、また政党がしかける選挙キャンペーンをただ受け入れるだけの受動的な存在でもない。ネット社会では、個人自らが商品の売り手になることができるし、自分の支持する候補者の選挙キャンペーンを勝手に展開することも可能だ。生産者と消費者との間にはもはや厳密な分離は存在しない。個人は、一方の極から反対の極へと簡単に飛び越えることができる。

飛び越えというこの特徴はネット社会全体を覆う基本的な性質であるといえる。小説家とファン、新聞と読み手、放送と視聴者、アートの製作者と鑑賞者など飛び越えと相互互換の波は分離が確定していたかにみえた既存のすべての領域に及ぶ。

この結果は何なのか。それは個人の意味のあらゆる産出活動がすぐにネットという巨大な公共空間にもたらされ、それがきっかけとなって新たな産出活動がすぐさま開始されるということだ。

自分の持ち物を買ったオンラインオークションの購入者は、単なる購入者はではない。それは自分の持ち物を売る販売者でもある。オークションは、すべての販売者が購買者となることで、持ち物という共通の意味を交換する巨大なネットワークを構成する。

また、Google VideoやYouTubeなどの自由にビデオが配信できるサイトでも同じことが起こる。だれかが配信したビデオがおもしろければそれにコメントがつき、さらにそれによって刺激されて製作された新たなビデオがアップされるだろう。

オーマイニュースやJAMJAMなどの同じだ。ここではレポートを書くことに特化したプロの記者は存在しない記者となりはもともとメディアの読者である人たちであり、彼らは市民記者といわれる。読者が自ら記者となり記事を配信するのだ。ここでも同じ原則が当てはまる。一人の市民記者の書いた記事には、コメントがついたり他の読者の問題意識を刺激することで、記事の執筆やコメントの連鎖が開始される。

一言で言うとこれは、意味の発信が、プロとしての立場によって発信者と受信者が分離したモノローグ型による意味産出から、発信者と受信者の位置がたえず入れ替わりその中で意味が産出されるような対話型へと急速に移動しつつあることを示している。

既存のモノローグ型でも確かに発信者と受信者との対話は存在し得た。ただし両者の間にコミュニケーションが成立し、受信者の意向が発信者の産出する意味に反映されるまでにはかなりの時間がかかった。両者がリアルタイムで協衝し意味が産出されるなどということはありえなかった。このタイムラグが、受信者には決定的に挑戦されだめだしされることはないという、意味の製作者の立場の超越性を保証した。

このような特徴は、ネット社会であればすべての領域見られることだ。90年代から存在しているメーリングリストやBBS、それチャットなどはいうに及ばない。拡大するインターネットは既存の社会領域が提供していたサービスのほとんどをネットワークに取り込み、ネットを介して提供するようになると考えられ


FC2携帯変換について
->続きを表示
◆ツール
◆設定
▲上へ
このページはFC2携帯変換によってPC向けのページが携帯電話向けに変換されたものです
Powered by FC2