携帯変換が完了しました。
携帯からアクセスするにはこちらのQRコード、またはURLを携帯端末へメールでお送り下さい。
携帯にメールを送信する

知られざるバッチファイル

概要

この記事は Windows の「バッチファイル」ついて、 あまり一般的でない変な切り口で説明しています。

バッチファイルは MS-DOS の頃から存在し、 互換性を維持したまま Windows とともに進化しています。 この記事では、過去と互換性の無い新しい機能をむしろ積極的に使って、 書きやすく読みやすいバッチファイルを書くための知識を紹介したいと思います。 動作に必要な条件は正確には調べていませんが、 Windows 2000 以降で動作すると思います。

バッチファイルとは

バッチファイル (Batch File) とは、 一括して実行したい処理の内容を書いたファイルを指します。 バッチファイルに連続して実行するべき命令をあらかじめ記しておくと、 後で記述した命令を「再生」できます。 この仕組みは定型的な命令を手軽にかつ確実に連続実行するのに役立ちます。

MS-DOS は UNIX のようなコマンド型のインタフェーイスを備える OS であり、 キーボードから命令(コマンド)を入力する事であらゆる操作を行います。 こういった環境では決まりきったコマンドの流れで操作を行う事がよくあります。 たとえば「C ドライブの temp というディレクトリに移動して、 その中にある拡張子が tmp であるファイルを削除する」といった具合です。 MS-DOS でこれを実行する場合、普通は 3 つの命令を実行します。 このような処理をたとえば起動直後に実行しなければならないとすると、 毎回起動するたびに同じ 3 つの命令を打ち込まなければならず面倒です。 そこで、毎回実行すべき命令をバッチファイルに書いておけば 毎回起動時にそのファイルを再生するだけでその処理を簡単に実行できます。 たとえばこういった場面で、バッチファイルは役に立つのです。

バッチファイルの書き方の基本は、 一行ごとに実行すべき一命令を書く事です。 たとえば先程の例に挙げた定型処理は次のようなものでした。

C ドライブの temp というディレクトリに移動して、 その中にある拡張子が tmp であるファイルを削除する

この処理は、次の 3 命令で実行できます。

  1. c:
  2. cd \temp
  3. del *.tmp

これを実行するバッチファイルは次のようになります。

c:
cd \temp
del *.tmp

前述の通りコマンドプロンプト上で実行する命令を単純に一行ずつ書けば良いので、 ただ命令を連続実行するだけのバッチファイルは非常に単純に書く事ができます。 バッチファイルを実行するには、 コマンドプロンプト上でそのファイル名を入力して実行します (Windows ではファイルアイコンをダブルクリックしても実行できます)。 つまり、新しいコマンドが追加されたような感覚で実行できると言えます。 また実行するに先立ってコンパイルするなどの必要はありませんので、 バッチファイルは非常に単純なスクリプト言語の一種と考えて良いでしょう。

コメントの書式

多くのプログラミング言語では ソースコードに書いてある処理が何をしているのか説明したり、 注意しなければならない点を補足するなどの目的で プログラムの処理に影響しない「コメント」の記述をサポートしています。 バッチファイルにも、同じようにコメントを書き入れる事ができます。

バッチファイル中にコメントを書くには、 行頭にコロンを 2 つ書くか行頭に rem と書きます。 コロン 2 つ、あるいは rem で始まる行は実行中に無視されるため、 コメントとして自由にヒントを書き込めます。 次に例を挙げます。

:: hoge と表示する
echo hoge

rem piyo と表示する
echo piyo

私個人としては、 rem によるコメントは


FC2携帯変換について
->続きを表示
◆ツール
◆設定
▲上へ
このページはFC2携帯変換によってPC向けのページが携帯電話向けに変換されたものです
Powered by FC2