南相馬にゃんこはうすは震災後4年経ち、拠点であるシェルターをもともとの猫の保護活動先であった福井県に移動しました。(経緯はこちら「2014年収支報告と重要なお知らせ」今後は福井県での保護っこ、福島っ子と一緒になります。
一日でも多くの子を救い、一匹でも多くの子を幸せにしてあげたいのが、私たちメンバーの願いです。