携帯変換が完了しました。
携帯からアクセスするにはこちらのQRコード、またはURLを携帯端末へメールでお送り下さい。
携帯にメールを送信する

●  "A Course in Miracles (ACIM)" の "Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読 は http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。

T-2.IV.1:1 ~ T-2.IV.2:10

IV. Healing as Release from Fear
恐れからの解放としてのヒーリング
1. Our emphasis is now on healing. The miracle is the means, the Atonement is the principle, and healing is the result.
  • emphasis [emf?sis] : 「強調、重要性、注目、重要視」
  • healing [hi?li?] : 「癒やし、治療、治癒、回復」
  • means [mi?nz] : 「手段、方法」
  • atonement [?tounm?nt] : 「償い、贖罪」
  • principle [prins?pl] : 「原則、原理、公理、原論、法則」
  • result [riz?́lt] : 「結果、結末、効果、成果」
❖ "Our emphasis is ~ "「今、私たちが強調したいことはヒーリングに関してである」。"The miracle is ~ "「奇跡は手段であって、贖罪は原理、そしてヒーリングは結果である」。幻想を幻想として受け入れ、幻想を消滅させるという原理が贖罪である。それを実現する手段は、赦しという奇跡である。幻想が消滅した結果、あなたの苦と痛みは消滅し、それがヒーリングである。
To sp


FC2携帯変換について
->続きを表示
◆ツール
◆設定
▲上へ
このページはFC2携帯変換によってPC向けのページが携帯電話向けに変換されたものです
Powered by FC2