携帯変換が完了しました。
携帯からアクセスするにはこちらのQRコード、またはURLを携帯端末へメールでお送り下さい。
携帯にメールを送信する

『イリアス』

ツイート

第一巻 けんか別れ

女神よ、アキレスの怒りの物語をしてください。アカイア人に多くの苦難をもたらし、英雄たちの勇敢な魂をあの世に送り、彼らのむくろを野良犬と野鳥の餌にして、ゼウスの御心を成就することになる、あの災い多き怒りの物語を、アガメムノン王と貴いアキレスが最初にけんか別れするところから始めてください。 7

この二人の間にいさかいを起こしたのは、レートーとゼウスの間に生まれた神アポロンだった。それは神官クルセースを侮辱したアガメムノン王に腹を立てたこの神が、全軍に疫病を流行らせ、多くの兵士たちの命を奪ったからである。

神官クルセースは娘を返してもらおうと、たくさんの身代金を携えて、アカイア人(ギリシャ人のこと)の船の近くにやって来た。その手に握った金色の杖には、弓の名手アポロンの神官であることを示す白い房が巻いてあった。彼は全アカイア人、ことにその指導者であるアトレウス家の二人の兄弟アガメムノンとメネラオスに向かって祈りの声を上げた。

「アトレウス家の御兄弟をはじめとする、立派なすね当てを持つアカイアの方々。プリアモスの町を滅ぼし無事に帰国したいという、あなた方の願いを、オリンポスの山に住まわれる神々が叶えてくださいますようお祈り致します。そして、願わくは、あなた方がゼウスの御子であり弓の名手であるアポロンに対する敬いの気持ちをお忘れになることなく、この身代金をお受け取りくださり、わたしの娘をお返しくださいますように」 21

これを聞いた他の全てのアカイア人は、神官に敬意を払って金色に輝く身代金を受け取ることに賛成の声を上げた。しかし、アトレウスの子アガメムノンだけはこの考えが気に入らずに、神官に対して厳しい命令を言い渡して、冷たく追い返したのだ。

「おい、お前、船のあたりで何をぐずぐずしている。さっさと消えないか。それに、今後は二度と俺の前に姿を現わすな。お前がそんな杖や神官の印を振りかざしたからといって、それが何の役に立つ。私は娘を返すつもりはないぞ。あの娘は、祖国を遠く離れたアルゴスの私の家で、せっせと機(はた)を織ったり、寝室の勤めをしながら、年をとっていくのだ。さあ、私が怒り出さないうちに、さっさと帰るのだ。そのほうがお前の身のためだ」 32

アガメムノンがこう言うと、恐れをなした神官は言われるままに、何も言わずに波音高い渚を帰って行った。しかし、遠く離れた場所まで来ると、髪の美しいレートーが生んだアポロンの神に対して、老人は懸命な祈りを捧げた。

「聞こし召せ、汝、銀の弓をもつ神よ、テネドス島の支配者よ、聖


FC2携帯変換について
->続きを表示
◆ツール
◆設定
▲上へ
このページはFC2携帯変換によってPC向けのページが携帯電話向けに変換されたものです
Powered by FC2