携帯変換が完了しました。
携帯からアクセスするにはこちらのQRコード、またはURLを携帯端末へメールでお送り下さい。
携帯にメールを送信する

JR東日本東京支社管内で10月1日付の異動は44人。うちJTSU組合員はほぼ4分の3にあたる30人を占める。(JTSU調べ)

大半は希望していない職場への転勤だ。狙い打ちの感は否めない。

[7352d74e...+]

JRは国民の足だ。列車を安全に運転するよう重い使命が課せられている。=東京駅 撮影:田中龍作=

ジョブ・ローテーションは「異動は人を成長させる」のモットーでJR東日本が採り入れた人事施策だが、熟練のスキルを台無しにしてしまう側面もある。

現場からは「ジョブ・ローテーションにより要員不足が起きている」との悲鳴があがる。要員が不足すれば、一人当たりの仕事量が過重になるからだ。

JR東日本東京支社の管内では、昨年度(2019年4月〜2020年3月)1年間で、580件以上のミスや事故が発生した。前年から80件余り増えた。

このうち重大事故につながるオーバーランは140件を超える。前年より40件余りも増えた。

赤を青と間違える信号見落としは20件も発生している。

乗客乗員107名の命を奪ったJR福知山線の大事故(2005年)は、列車が直前にオーバーランを起こしていた。オーバーランは大事故の予兆なのである。

スペシャリストをないがしろにし、社員の仕事量を過重にするジョブ・ローテーションは、鉄道の安全を危うくする。

〜終わり〜


『田中龍作ジャーナル』は読者のカンパにより続いています。ご支援何とぞ宜しくお願い申し上げます。コロナの影響で運営が厳しくなっております。 ↓

「労働組合を弾圧するな」市民が警察庁に請願
2020/09/23 22:30:07

[e6afd316...+]

警察庁玄関。ALSOKは市民たちを受付まで行かせなかった。=23日、霞ヶ関 撮影:田中龍作=

生コンクリートが付いたタイヤを洗おうとしたら威力業務妨害罪。日雇い労働者を常雇いにするよう要求したら強要罪・・・警察は難クセにも等しい手法を用い、わずか2年で述べ89人の労働組合員を逮捕した。

日本の労働運動史上、例を見ない弾圧となった関西生コン事件。

「労働組合を弾圧するな」。市民たちがきょう、警察庁を訪れ、警察庁長官宛てに請願書を提出しようとした。

警察庁周辺には夥しい数の公安警察が配置され、ぴったりと市民に張り付いた。

市民たちはALSOKに阻まれ受付にたどり着くこともできなかった。

ALSOKは警察庁の職員でもないのに請願の市民に「アポを取っていますか?」などと詰問し、暴力的に行く手を阻んだ。

警察庁長官に請願しようとしたのは、事件化に向けた構図を描き、捜査を指揮しているのが、警察庁だからだ。大阪府警、京都府警、滋賀県警にまたがる大量逮捕は、警察庁の指揮なくしては不可能だ。

関生


FC2携帯変換について
->続きを表示
<-最初へ戻る
◆ツール
◆設定
▲上へ
このページはFC2携帯変換によってPC向けのページが携帯電話向けに変換されたものです
Powered by FC2