いる。=19日、新橋駅前 撮影:田中龍作=

「れいわ」を黙殺し続けてきたマスコミも、いよいよ無視できなくなってきた。

マスコミの情勢分析で、「れいわ」の獲得議席は、これまで1議席と見られていたが、一部のメディアでは上方修正した。修正後の数字は2〜3議席。

それでも実態を反映していない。理由はこうだ―

某メディアの政治部記者によると、有権者が比例の投票先を「れいわ」あるいは「山本太郎」と答えた場合、「支持政党なし」に分類しているそうだ。

「支持政党なし」は通常、調査が回を追うごとに減っていくのだが、今回は増えているのだそうだ。珍現象は「れいわ」支持が増えているために起きているのだ。

公明党に批判的な学会員のうち相当な割合が、たとえ「野原ヨシマサ」や「山本太郎」に投票しても、出口調査では「選挙区は山口那津男に入れた」「比例は公明党に入れた」と答える。

この人たちは家族にもウソをついて反学会票を投じるのである。実際、昨夏の沖縄県知事選挙で、玉城デニーに投じた学会員のかなりの数が、家族に「サキマ(自民公認)に入れたさあ」と話しているのだ。

[れいわ街宣。SL広場は人で埋め尽くされた。安倍首相以上の集客力だ。=19日、新橋駅前 撮影:田中龍作=+]

れいわ街宣。SL広場は人で埋め尽くされた。安倍首相以上の集客力だ。=19日、新橋駅前 撮影:田中龍作=

全国比例や東京選挙区は学会票の母数が大きい。全国比例は750万票。東京は70万票。

沖縄県知事選挙のように学会の3〜4割も来なくて、かりに2割と見積もっても全国比例だと150万票。東京だと14万票が、「れいわ」に回る。

開票作業では、氷山の下に隠れた「野原ヨシマサ」「山本太郎」票が、どっと表に出ることになる。

公明党に批判的な学会員は全国規模で「逆F獲り」を続けている。Fとはフレンドである。「逆F獲り」とは公明党に批判的な友人の票を集めることだ。

「ワタシ100票獲ったよ」なんて話は珍しくない。

[学会員の女性は国会前の安保法制反対デモ(2015年)に参加したため、査問に遭っている。「早く目覚めて」と学会員たちに訴えた。=19日、新橋駅前 撮影:田中龍作=+]

学会員の女性は国会前の安保法制反対デモ(2015年)に参加したため、査問に遭っている。「早く目覚めて」と学会員たち